アメリカ出張報告①

5月15日~23日までアメリカのアリゾナ州フェニックスに出張で留守にしておりました。

 

訪米目的はフィーオンリースタイルをストイックに貫徹するファイナンシャルプランナーの集まりであるNAPFAへのカンファレンス参加(3日間)、現地の事務所視察(2社)です。

 

今回は初のNAPFA Associate会員としての参加からか、「あななた達がうわさに聞いてた日本人か!!」とたくさんの現地会員の方に声をかけられました。

過去3回の反応とは明らかに違っていました。

「パイオニアとしてがんばれよ!!」との叱咤激励もたくさんいただきました。

「パイオニアは大変だろうけど…」とも(>_<)

 

アメリカ視察は2年ぶりの4回目ですが、アメリカの主となる顧客層は富裕層であることは間違いなさそうです。富裕層といっても日本とは規模が違うことも4回目ともなりますと

間違いなさそうということも分かります。(例:金融資産3000万から受付といった事務所が大半といった印象です。)

 

ただ、私は日本のファイナンシャルプランナーです。

当然、日本人としての視点になります。

私はフィーオンリーを貫徹し、何とか、これから資産を形成をがんばりたい方(特に20代、30代の世代)の応援もしなければならないと考えています。

 

今回は、そんな思いをさらに強く持って23日に帰国したのでした。

 

そして、体力も少し回復しましたので、ブログも毎日更新してみようと思ったのでした。

 

アメリカ訪問報告含め、ちょいと毎日更新、頑張ってみたいと思います。