書籍の断捨離決行

一昨日3日、お正月休み最終日、突然思い立ち、書籍の断捨離を決行しました。

 

手解きは近藤麻理恵さんの「人生がときめく 片づけの魔法」にうけました。

 

まず、所有しています、全ての書籍を一箇所に集め床に並べます。

仕事に関するもの、料理本、英語のテキスト、美容に関するものとにかく全てです。

 

床に並べることは完了!

足の踏み場が完璧になくなるほどの書籍の山を見て途方にくれてしまいましたが、本日、3日目にして書籍の断捨離完了!

なんとかなるものですね!

 

書籍を床に並べた後は、こんまりさんによると手にとって「ときめく書籍」か「ときめきがない書籍」を判断基準とし、「ときめく」ものだけ残していきます。

 

写真は「ときめきなし」と判断した書籍たち。

50ほどの束が出来ました。

これを来週のゴミ収集日に運ばないといけないと思うとゾッとしますが…

 

断捨離結果としては、気持ちがスッキリしモヤモヤしたものが取れた気がします。

今までは「また、いつかのため」と思いながら不要なものを溜め込み、必要なものが不要なものに埋もれてしまっている状態でした。

これじゃ、ストレスも溜まりますよね。

 

本当は、もう少し必要な書籍を絞り込みたかったのですが、

目標としていた、一つの本棚に収まるまでは到達しましたので良しとしましょう。

 

多分、これからは仕事の効率も上がるかと思います。

 

次回は、お洋服の断捨離にとりかかりたいと思っています。